合計

0 円/月

内訳

ELB Elastic Load Balancing

Application Load Balancer

0 円/月

Network Load Balancer

0 円/月

Classic Load Balancer

0 円/月

ざっくりわかるELB

ALB 高機能・HTTP/HTTPS(L7)
NLB シンプル・TCP(L4)
CLB 旧世代・L4/L7

トラフィックを分散してくれるやつ(ロードバランサー)。

ALBは、HTTPのヘッダーを見てくれるので、ホストやパスなどに基づいたルーティングができます。
NLBは、そこら辺の余計な処理をせずに分散してくれるので高速に動作します。
旧世代のCLBに関しては、L7がALB、L4がNLBに相当するので、新規で使うメリットは少ないでしょう。

料金計算の前提

  • 東京リージョン
  • ひと月は30.5日
  • 107.539円/ドル(毎朝10時更新)

入力項目の補足

台数

利用するロードバランサーの台数を入力してください。

データ転送量

ロードバランサーで処理されるデータ量の合計をGB単位で入力してください。
Webサイトを例にすると、ページあたりの容量が2MBで、月間10万PVの場合、下記のようになります。

2 * 100000 / 1024 ≒ 195GB

LCU

Load Balancer Capacity Unit(LCU)を入力してください。
名前だけではピンときませんが、単位時間あたりの接続数や帯域幅をもとに算出される数値です。
このサイトでざっくりした説明するのは難しいので、公式の料金表を参考に算出していただくか、公式のツールをお使いください。

ALBの料金計算式をざっくり

ざっくりこんな感じで料金を計算しています。

    function calc(row, priceList) {
  const unit = toNumber(row.unit)
  const lcu = toNumber(row.lcu)

  let total = 0

  if (unit) {
    total += priceList.alb.instance.price * unit * MONTHLY_HOURS

    if (lcu) {
      total += priceList.alb.lcu.price * lcu * unit * MONTHLY_HOURS
    }
  }

  return total
}
  

Google AdSenseの広告

このエリアに興味がある広告が表示された際にクリックすると、当サイトの制作者にお金が入る仕組みになっています。
それがなんか嫌だなぁという方は、間違ってクリックしないように注意してください。